8月の真夏日に【神流湖】でバスを釣る!

ブラックバス

こんにちは!なかまです!

今回は、群馬県と埼玉県の境目にあるダム湖【神流湖】にやってきました

ここは何といっても景色が素晴らしい!

神流湖と言えば、【NBC】の開催地でもあります

なので、日頃からバスプロの方々がバスボート持参で訪れる場所

そんな敷居が高そうな場所に来たヘタレバサーの私です

ですが、ちゃっかり釣ってしまいました

スポンサーリンク

神流湖はボート釣りがおすすめ

今回、私は珍しくボート釣りを選択しました

神流湖はオカッパリができる場所がほとんどありません

せいぜい湖全体で2,3箇所といったところです

範囲も狭く、必ず人が入っているため、釣れない確率がかなり高い

なので、神流湖ではボートがおすすめ

湖自体も穏やかで、船酔いする心配もありません

ちなみに私は船酔い体質なのですが、この穏やかな湖では船酔いはしませんでした

神流湖のレンタルボート屋は2件のみ

右上の【神流湖観光ボート(KKB)】

左下の【神泉ボート】

のみとなっています

今回私が利用したボート屋さんは、【神流湖観光ボート(KKB)】さんです

2人乗りローボートにエレキ(予備バッテリー付き)6000円+遊魚料1000円

合計7000円でした

他にもエンジン付きなどのプランもあります

スロープもあるのでボート持ち込みもOK

持ち込みの場合は、スロープ利用料や湖面利用料がかかります

ちなみに、神流湖観光ボートさんでは2000円払えば、桟橋で釣りができます

主にヘラブナ師が利用しているようですが、バスをやってる人もいます

真夏の晴れた神流湖は【陰】がヒントです

神流湖はほぼ岩盤に囲まれていて、木陰などのカバーはありません

なので、主なストラクチャーは水草や岩の隙間・水中の岩盤の段差です

神流湖は岸から崖のような急なブレイクになっていて、ほんの少し沖に出ただけで水深がかなり落ち込むので、沖に出てオープンな釣りをするのは微妙

ひたすらバスが付いてそうな岸際(岩)とブレイクの境目を探っていきます

この日は日差しが強い晴れの日でした

なので「堀の深い岩の陰に潜んでいるのでは?」と思い、隙間がある大きい岩の陰のみに狙いを定めて、狙い通りの1本!

ナイスなヒキをしたバスでした!サイズは42センチ!

使用ワームは”ゲーリーのカットテール”

ダウンショットでフォール中に糸が走りました

相変わらずの最強ワームです

巻物はミノー・シャッド・スピナーベイト・羽モノをずっと試していましたが、反応はイマイチ

この日はこの1匹だけ

真夏なのでこんなもんだと思います

神流湖は景色も楽しめてドライブorツーリングに最適

初めてこの場所に訪れて思ったことが、まず【キレイ過ぎる景色】

関東圏のリザーバーの中ではトップクラスの景観です

ツーリングやドライブで訪れる方々がちらほらいましたが、休日なのにも関わらず、そんなに人がいないので穴場的なスポットです

何もしなくてもこの場に訪れるだけで癒される不思議な場所

近くに温泉宿もあるので、釣りをした後などに温泉に入るものアリですね!

今度は秋の爆食いシーズンに来たいと思います!

コメント