フローティングベスト選びに迷ったらまずマズメ!

お役立ち

こんにちは!なかまです!

今回はフローティングベスト(ライフジャケット)を買ったので、ただのレビューです

【桜マーク無し】でOKな磯釣り・ショアジギ・免許不用ボート用にのフローティングベストを買おうとするときに、「どれにしようか悩む」

みたいな方多いかもしれませんよね

私もその一人

各メーカーからフローティングベストが出ているので、必ず悩むところなんです

では勿体ぶるのも面倒なので早速本題です!

スポンサーリンク

フローティングベストは【mazume マズメ】がおすすめ

タイトル通り、おすすめのフローティングベストのメーカーは【mazumeマズメ】です!

釣具屋で売っていて人気のあるフローティングベストのメーカーは以下の通り、

【シマノ】【ダイワ】【マズメ】【パズデザイン】【プロックス】など

この中で私のおすすめしたいのは、釣りウェア専門メーカーの【マズメ】です!

マズメのライフジャケットはルアー釣り用に設計されていますが、ぶっちゃけフカセなどのエサ釣りでも使えます

私が購入したベストは【マズメ コアライフジャケット】

【マズメ コアライフジャケット】はなんと言ってもコスパ良し・見た目良し

汎用性が高くシンプルな見た目なので、シーン問わず着用できます

値段は8500円~10000円と値段も手頃なので、初めてフローティングベスト(ライフジャケット)を買うなら【マズメ コアライフジャケット】がおススメです

着用した感じは比較的タイト

ポケットは3つですが、余計にハーネスがついてるので、自前でポケット追加も可能です

ワンランク上なら【レッドムーンライフジャケットシリーズ】

ワンランク上の【レッドムーンライフジャケット】

値段は20000円~24000円

収納も増え、機能性と着やすさが格段に上がります

ルアー釣りには便利な「ロッドホルダー」もついています

他メーカーと合わせやすいマズメのライフジャケット

正直、好きなメーカーを選べばよいと思いますが、私はどうしても気になることがあったのです!

ダイワのフローティングベストが欲しいけど、タックルがシマノだからなんか変...

おまけに各釣りのジャンルごとに使用するメーカーがバラバラな方いませんか?

私の場合、こんな感じです

  • 海水ルアー&ブラックバス:シマノが多い
  • 磯釣り:ダイワのみ
  • トラウト:アブガルシアのみ

この通り、各釣りごとにメーカーが違ってます

なので、着用するフローティングベストはシマノ・ダイワ・アブ以外という事にしたいわけです!

そこで、釣りウェア専門のメーカーである【マズメ】であれば「どんなタックルでも被らない!」

というのが【マズメ】を選ぶ理由になります

マズメのライフジャケットは免許が必要な船では使えない

免許が必要な小型船舶に乗船の際に、着用する救命胴衣は「桜マーク」のついた国家認定品のみが着用義務となっています。
出典:国土交通省より

乗船で着用する救命胴衣に【上記のマークが無い】【”TYPE”が着用する地点と合ってない場合】操縦者が違反となってしまいます

そこら辺で売っているフローティングベストや、先ほどの【コアライフジャケット】・【レッドムーンライフジャケット】もそうですが、

桜マークはついてません!


なので、免許が必要なクラスのボート・釣り船などに乗るときは使えないので注意!

免許が必要な大きさの釣り船に乗るとき(相乗りするときも)は、必ず【桜マーク】付きのライフジャケットを着なくてはなりません!

【桜マーク】とは国家基準の認定を受けたライフジャケットのことです

ライフジャケットにもタイプがあり、TYPE-A/D/F/Gまであります

沿岸から遠くに行くか近いか、水上バイクなどのレジャー等の用途によって使用できるタイプが異なります

全ての小型船舶で使える【TYPE-A】を選ぶのが基本

TYPE-Aであればどこでも使えるので、もし釣り船でライフジャケット持参を考えているのであれば、購入の際に【桜マーク付きのTYPE-A】を選んでください

と言っても、釣具屋で売っている桜マーク付きのライフジャケットはほとんどTYPE-Aだと思いますが、購入の際は必ず店員に聞いてください!

ジャケットじゃなくてもウエストタイプもある

最近の救命胴衣はジャケットではなく、ウエストに着用するタイプがファッション的にも増えています

TYPEもAの物がほとんどで、おしゃれに着こなしたいならウエストタイプがおすすめ

実はマズメからも自動膨張式でウエストタイプの物も出ています

もちろんTYPE-Aなので、船釣りで使えます

ジャケットのようにゴワつかず、見た目も良く身軽なので狭い船釣りに便利です

自動膨張式は身軽でファッション的にもいいですが、堤防や磯では使用しないでください!
もし転落したときに、貝のついた壁やギザギザした磯に当たって膨張した浮き輪が破けて浮力を失います!

コメント