神奈川サーフ投げ釣り”三浦海岸の秋のシロギス”

海釣り

どうも!なかまです!

ここ最近、本格的な投げ釣りにハマってしまいまして、休日は神奈川県の浜辺にシロギス狙いに行くことが多くなりました。

重いオモリを本気でぶん投げるので爽快な気分になります

スポンサーリンク

サーフでシロギスの投げ釣りタックルと仕掛け

リールは投げ釣り専用の特大のリールでPEライン+3~5号の力糸10mのリーダーを巻きます

物によってはドラグ調整ができるものとできないものがあるので、お好みで選びます

竿も投げ釣り専用の竿下が長いものを使用。4メートルあれば十分です

ちなみに私の使っている竿とリールはというと

リール:【シマノ スピンジョイ35】というもので、ドラグ調整ができません

竿:【シマノ サーフリーダーFV 405】長さは4メートル ※年式は少し古めです

総額3万円ほどだったので、そこそこガチなタックルです

もっと安く済ませるのであれば、1万5千円まで抑えられると思います

仕掛けもシロギス専用です

釣具屋で3~5本針のサーフシロギス専用の仕掛けが売られています

シロギスプロの人は10本針とか使いますが、普通の釣りなら5本針がちょうど良いです

オモリは30号の天秤がちょうどいい。もちろんもっと軽いオモリでもオッケー

エサはアオイソメかジャリメが定番で、日によって食いが違うので使い分けましょう

サーフでの大遠投と気を付けるべき事

ちなみに私の遠投能力はというと...本気で投げての4色の100メートル

プロの人は5色とか6色の150~200mとか普通に投げるみたいです!

超大遠投するには腕力とフォームが必要です

シロギスのベストシーズンは春~秋

春は子持ちのデカキスが釣れ、夏は浅場に上がってくるので遠投しなくてもサイズは小さいけど数が釣れるというもの。

つまり夏は釣れるという事

夏は海水浴客が非常に多いので、周囲に気を付けてください

砂浜でお手軽にサーフシロギスができるのが醍醐味

今回、私は神奈川県の砂浜、三浦海岸に来ました

デカいキス狙いで、夏を外して秋の”落ちギス”狙いです

三浦海岸は総称で北から南へ砂浜が並んでおり、それぞれ名前が違います

野比海岸・長沢海岸・津久井浜・三浦海岸・金田海岸

無料駐車場があるので三浦海岸の下のほうで釣行

三浦で有名な釣具屋さんでエサを買い、

朝7時、この日は風もなく、穏やかな海でコンディションは悪くなかったです

仕掛けは30号天秤、アタリをとりたいため誘導式

針は5本針

エサはジャリメとアオイソメの二刀流

本気でぶん投げる!だが4色!!

ゆっくり巻いていたら、さっそく3色ぐらいのところでアタリが

15センチぐらい!やっぱりシロギスは綺麗です!

この後フグの猛攻を食らい、針を何回も取り換えながら

何匹かシロギスをゲット!

ほとんど3色の範囲でした

そして・・・フグ軍の勢力が強すぎたため、仕掛けが無くなったので、4時間で終了!まだ昼前!笑

仕掛けのパック合計で3個持っていかれたよ!

こちらが最終的な釣果

続けていればもう少し数は出たかもです

20センチがこの日の最大で、オマケのメゴチ

投げ釣りしてると外道でイイダコも釣れるんですよね

釣ったシロギスは、もちろん天ぷらにしておいしくいただきました!

次は長沢海岸でやってみたいです。

かなり釣れてる場所みたいなので

シロギス5本掛けしてみたいですね~

あと仕掛けは多めに持って行ったほうがいいです! 

コメント