スポンサーリンク

陸っぱりシーバス:東京湾

こんにちは!なかまです!

ある日、シーバスを狙いに行った時の釣果。

夕方の6時頃にいつも行っているホーム的な運河に到着

満月の大潮で下げ時

風は弱め

ボイルも起きている模様

とコンディションは完ぺき!

使うルアーは、ほぼ初期のTDミノーのレッドヘッド

やはりこれが一番実績が高いルアー

スローなアクションでも誘いやすいのがTDミノーのいいところ

そして釣り開始!

投げるたびにアタリがあるのはボラか?

ここはボラとマルタさんが大量発生する場所でもあるので...

とっ!ここでHit!!

サイズは50センチぐらい

やはりシーバスの引きは楽しいですね!

しばらくブラックバスしかやっていなかったせいか、引きの強さに焦りました

ちょうど時合となって続けて2本目!!

画像だとわかりずらいですが、こちらは60センチありました!

この場所のアベレージは大体40センチ前後といったところなので、まずまずのサイズです

アクションはただ巻き

岸際のブレイクになっているところで群れが来ているようです

少し場所を休ませます

ここでルアーチェンジ

今度はラッキークラフトのワンダー60を使います

こちらも定番中の定番ルアー

サイズは場所柄小さめのほうが食いがいいのでサイズ60を使っています

ただ軽すぎてバックラッシュしまくりです

こちらもただ巻き

しばらくしてHit!!

50センチぐらいでまあまあのサイズ

このサイズでドラグで出まくりでした

時合が抜けてきたのか、この後は魚の気配が消えてしまったのでここで終了か...

ボイルもなくなってきて帰ろうとロッドをたたんでその場を離れようとしたときに

バシャッ!!

はいっこの場所あるある

帰ろうとすると魚が出てくるやつ

やはり魚は人の気配がわかってるんですね

実際に岸際からのキャストでは釣れず、海から10メートル離れたところでキャストしたら釣れまくったってこともあるので、気配消しは重要なのですね!

ではまた次回!

コメント