日本でも導入すべき?【フィッシングライセンス】

釣りお役立ち

こんにちは!なかまです!

今回は、個人的な願望を語るだけです。

というわけで、みなさん知っていますか?

外国では、そもそも釣りをするのに【ライセンス】が必要なのです!

つい最近、ドイツ人の方を連れて神奈川観光をする機会がありまして、ドイツの事やドイツでの釣りに関する話をしていました

話をしていく中で驚いたこと。それは、

「ドイツでは、釣りをすること自体にライセンス(資格)が必要」

知らなかったので、マジか!!って感じで衝撃が走りましたよ

と言っても、日本も【遊漁料】というものが、いわゆるライセンスみたいなものですが、淡水魚オンリーの湖や川だけですよね

特にドイツのライセンス取得は、かなり厳しいみたい

なので、ちょっと調べてみた

スポンサーリンク

ドイツのフィッシングライセンス取得には試験がある!

アメリカや日本みたいにライセンス券を購入して終わりでなく、ドイツでは、フィッシングライセンスを取るのに筆記と実技の試験をクリアしないといけない

すごいですよね!釣りをするのに試験があるなんて

この資格にも期限があるので、更新しないといけないし、お金も払わなければならない

でも、思ったんですが、

「日本でもこの厳しめのライセンス制度を設けたほうがいいのでは?」

と思っています

なぜなら、日本は狭いわりに釣り人が意外に多い

そして、釣り人のマナーも悪い

これらを制限するのにフィッシングライセンス制度があったほうがいいよねって話

ドイツでは、釣り人のマナー厳守や釣り人口を資格によって制限&生態系を守るためにこのライセンス制度を設けています

もし、ライセンスを持たないで釣りをした場合、罰金が科せられます

日本の海釣りの現状

これまでの日本の海釣りは無法地帯が多かった故に、現在は釣り禁止や立ち入り禁止などの場所が多くなってます

原因は、ゴミなどのマナーの問題

たぶん、本当に釣りを生きがいとしているような人なら、マナーを守る人が多いかと思いますが、

レジャー気分で釣りをする人は、明らかにマナーが悪い気がします

というか、知らないんだと思います

それと、体感ですが、人口が多い関東圏では魚の量も減っている気がします

昔はよく釣れた場所が全く釣れなくなった、とか生態系にも関わっているのも事実

これは単純に、釣り人口が増えているから魚が釣られすぎで減っているんですよね

誰でも簡単に釣りができるっていうのも、楽しみの選択肢があっていい事だと思うのですが、後々の事を考えると日本にも厳重なライセンス制度を設けたほうがいいのでは?と思っています

もし日本にちゃんとしたライセンス制度があったら、本当の釣り好きだけが資格を取って全国的にクリアな釣り場になるはず!

コメント